サッカー アンブロ 新ユニフォーム

サッカー アンブロ 新ユニフォーム

プレミアリーグの強豪リヴァプールも2021-22シーズンのアウェイユニフォームで襟付きのデザインを披露し、欧州フットボール最大の祭典「ユーロ2020(UEFA EURO 2020)」では出場24ヶ国中6ヶ国が襟付きユニフォームを採用。特に「1998年フランス大会」では流行が如実に現れており、我らが日本代表をはじめ、出場32ヶ国中24ヶ国が襟付きユニフォームを採用していたのだ。 だが、”流行は20年周期で繰り返す”と言うように、襟付きユニフォームがここ数シーズンで復権の兆しを見せている。技術革新によりデザイン性やファッション性は二の次となったことで襟は存在意義を失い、”襟無し”の丸首やVネックが覇権を握るようになったのだ。

その他の興味深い詳細fc 東京 ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。